HOME>アーカイブ>記憶力を向上させたり、脳の発達を促進します
遊ぶ赤ちゃん

お子様が小さい頃に向いたおもちゃ

赤ちゃんから幼児の時期は、脳が少しずつ発達してくるので、表情が豊かになったり、知的な好奇心が強くなってきます。お子様は触れたり、音を聞いたりすることで、豊かな感情や情緒を育てることが出来ます。お子様の発達を促すために、知育玩具を購入したい人が増えています。知育玩具には、パズルやブロック、絵本、積み木などがあります。近くに専門店がある場合は、実際に商品を見てから購入するのがお勧めです。積み木は積み上げたり、組み立てることで、指先が器用になります。積み木は豊富なカラーやデザインが揃っており、飽きずに楽しむことが出来ます。天然の無垢材を使用した商品は、安全性に優れているので、体のデリケートなお子様も安心して使用できます。赤ちゃんの時期から、一歳児ぐらいまでは、触れたり、聞いたりする玩具がお勧めです。

幼児期には、ブロックや絵本などがおすすめ

2歳から、4歳ぐらいの時期は、想像力や思考力、記憶力も高まってくるので、年齢に応じた知育玩具を与えてあげる必要があります。ブロックは自分でイメージして、組み立てるので、思考力を高めることが出来ます。パズルも幼児期のお子様が、楽しめる商品が揃っているので、じっくりと比較してから購入すると良いでしょう。人気のキャラクターや動物などの絵柄が人気です。絵本はお子様の想像力を高めたり、文字を覚えるために欠かせない必需品です。お子様が小さい間は、就寝前や休日などにお話を読み聞かせてあげると良いでしょう。美しい色合いだったり、お子様が理解しやすいストーリーの絵本が人気です。インターネット通販の専門店では、豊富な種類の知育玩具が揃っているので、じっくりと比較してから購入すると良いでしょう。

広告募集中