ベビーカーや服を選ぶときの注意点

赤ちゃん

ベビー用品はたくさん売られています。購入するときは注意点を理解しておかないと失敗する可能性があるので注意しておきましょう。基本的に中古ベビーカーを買うときにはSGマーク適合商品を選択するのが良いです。これはセーフティグッズを証明するもので品質や安全性などが確立されています。そのため赤ちゃんもトラブルなくベビーカーに乗せる事ができるので安心です。実際にベビーカーをテストして耐久性なども調べています。ちなみにベビーカーには日本製と海外製のものがあります。どちらを選択するのかで機能性が変化するので注意しておきましょう。基本的に国内商品はコンパクトな見た目をしています。場所を取らないものがほしいときには日本製のベビーカーを購入すると良いです。赤ちゃんが使う洋服を選ぶときにはサイズに注意しておきます。赤ちゃんは直ぐに成長をするのでサイズが合わなくなってしまう可能性も高いです。新生児の場合はドレスタイプを選択するのがおすすめでしょう。またが3ヶ月位になると足を動かすので裾がはだけているものを選択しないと動きにくくなってしまいます。6ヶ月に慣れれば寝返りからハイハイまで行けるので、動作が快適になる肌着かぶりタイプの服を選択するのが良いです。適切なベビー服を選択しないと成長にも関係してくるので上記の注意点を理解しベビー服を買うのが適切です。ちなみにブランドなどにより販売価格も違うので予算内で購入できるように工夫をしましょう。

安全なおもちゃを買うための選定方法

ベビー服

赤ちゃんはおもちゃを口に入れてしまいます。そこでおもちゃを買うときは衛生面がしっかりしているものや、口に入れても安全なものを購入しましょう。場合によっておもちゃで怪我をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。日本では安全基準マークとしてSTというものがあります。これは玩具業界で販売されている玩具につけられているマークです。安全性が確立されたベビー用品だとわかるので、商品を見てSTマークが付いているものを購入しましょう。ちなみに欧州の場合はCEマークが付属します。欧州ではCEマークを取得していない商品は輸入しないと決められています。CEマークは取得するために厳しい審査を受けないといけないので信頼性が高いです。木の玩具を購入するときは塗料に注目をします。安全な塗料を使用している木の玩具なら口に入れても大丈夫です。ベビー用品を販売しているサービスでは、安全な木の玩具のみを扱っているところもあるので利用をしてみましょう。

広告募集中